si-tazu project

アクセスカウンタ

zoom RSS そうだ、京都行った 2015 ,8

<<   作成日時 : 2015/08/15 23:10   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 13

久しぶりにブログ書いてます。
春の展示で販売させていただいた「よっちゃんなんばん」の売り上げをネパールへ復興支援している国際協力NGOシャプラニールhttp://www.shaplaneer.org/へ送りました。この場を借りてご報告させていただきます。
ご購入、ありがとうございました。まだまだのようですね。忘れない!

さて、春、京都、奈良へ墓参りを兼ねて行ったが、再びお兄ちゃん家族ときちんとした墓参りへ行く事になり二泊で京都へ。京都だけを回ろうと思う。
8月2日 4時起き。東京駅へ向う。人身事故のため三鷹で電車を乗り換える。まただ。一週間に3回、人身事故に遭遇。間に合うのか!と思ったけど、うまいこと東京駅に着いた。ほとんど寝る!
9時半ころ、義理の兄夫婦と合流して高槻へ移動。墓参りなのです。暑い!関西は暑い!いや、東京にいても同じかと思うけど。
夏の墓は草ぼうぼうになってました。いつも2月なので草は全くないけど、土がガッチガチになってるので、根を抜くのに難儀します。
もうこの時点で夏の墓参りは無しだなあと話す。
兄夫婦は、今日東京に帰るので京都へ戻って昼ご飯にする。
ガイドブックに乗っていた天ぷらとうどんのお店へ。素朴な味でした。鈴虫を飼っているらしく、店中、奇麗な声が渦巻いていた。
画像


渉成園を見物。去年、京都の道案内したいおじさんに、ここは行ってみなはれ、と言われたところ。以下、東本願寺のホームページより。池泉回遊式庭園をもつ東本願寺(真宗本廟)の飛地境内地(別邸)。1641(寛永18)年に三代将軍・徳川家光から当地(約一万坪)が寄進され、石川丈山の趣向を入れた作庭がなされました。園内の諸殿は1858(安政5)年、1864(元冶元)年の二度にわたって焼失。現在の建物は明治初期から末年ごろに至る間に順次再建されたものです。庭園には四季折々の花が咲きほこり、変化に富んだ景観は「十三勝」や「十景」と称されて、高い評価がなされています。
画像

石垣が美しい。
画像

画像

東本願寺もついでに(って言ったら悪いか。旦那の墓は西本願寺系なので)寄る。
外国人がわんさか避暑に来ていた。我々もしかり。
兄夫婦と別れ、これから二人旅。とにかくホテルへチェックイン。暑さで疲れたので長い昼寝をする。7時頃、夕飯の飲み会へ。ネットで駅周辺の飲み屋を検索したけど、いつも行くところは日曜日休み。初めてだけど京都の野菜がメインのお店へ行ってみた。まあ、仕方ない、こんなもんだろう。
なんか物足りず、ホテルへ行く途中、気になった居酒屋へ入ってみた。
そこそこうまいし、対応もいい!気に入ったね!とがんがん頼みまくる。
画像

写真は伏見唐辛子とアサリの酒蒸しかなあ。旦那、全ての飲み屋で万願寺か伏見唐辛子を頼むのだと言っておった。東京で食べる万願寺唐辛子と全然ちがう。でかいし旨味が濃い。やっと元気になりました。
8月3日 朝6時起床。7時過ぎに一人建仁寺へ。坐禅体験を申し込んでいたのだ。
実は最近少し禅にはまっています。6月中旬から毎日坐禅と掃除(禅では一に掃除、二に信仰というのがあるらしい。私の場合、二に仕事としております)をしています。習慣になるまで無理矢理やってます。更年期で結構夜寝れなかったり、どきどきしたりしていたけど、坐禅始めてからほぼなくなったのがうれしい。
なので、せっかく京都へ行くので坐禅してみたかったのだ。
バスを降りたはいいけど、方角くらいで道がわからない。若者に聞いてみる。
さすが、京都の若者はきちんとわかりやすく教えてくれました。よかった。なんせ、地図を全部置いて来てしまったので人に聞くしかない。若者よ、君も末は「京都の案内したいおじさん」だ!
建仁寺は初めて。ゆっくり静かな境内を歩きながら坐禅会場を探す。
画像

すぐ見つかりました。両足院です。
一番だったので、一人だったりして!とびくびくしておりましたところ、ぞくぞくと集まり、20人ほどになった。一人旅の女の人、三人組の女性、一人旅の男性、四人家族など。美しい庭を前に坐る。
画像

お坊さんは若い好青年。「ただ坐る。無になるとよく言われるが、ある意味それは間違っている。耳からいろいろ入って来るが、その音を聞いて心で受け止め流して行く。今日のお昼は何にしようとか夕飯はとか、うかんでくるだろうけれど、それはそれでよい。出て来たらそれを流す。一瞬一瞬が大切なのだ。頭の中でひと〜つ、と数を数えると『ただ坐る』がうまく行くかもしれない。蝉の声も心に留めて流す。潮の満ち引きをイメージするとわかりやすいかもしれない」と教えてくれる。そして、坐禅開始。
関西の蝉はクマゼミなので、騒がしいが坐禅をしているとその声がなぜか良いBGMである。でも、色々頭には言葉がよぎる。鐘がち〜んち〜んと鳴り、拍子木?がパンパンと終了の合図。
二回目は坐り方を教わる。漫画を見て自己流でやっていたが、きちんと教わると違う。足の組み方がわかった。
手の組み方が漫画のようにすると、すぐ崩れてしまうのだけど、教わったのはきっちり崩れない。多分いろんな組み方があるんだろう。
「さて、ただ坐ることができましたか?坐ってみて何か気づいた事がありますか?聞きたい事は何かありませんか。それを話すのが大切なんですよ」と言われるが、人数が沢山いるせいか自分から聞けないし、聞く事がわからない。
だれも言い出さないので、お坊さんは一人の女性を指命。
「半眼がよくわからない」という質問。「目をつむった方が集中できると思いがちですが、意外に色んな妄想が頭に浮かんで来るものです。少し目を開けて、ぼんやり全体を見るようなイメージでやってみるといい。」これは本で読んでいつもやってるから大丈夫だな。
二回目の坐禅開始。警策で叩いてもらいたい人は早めに知らせるように。そうでなければ叩かない、とのことだったので、私は目の前に来るのを待ち構え合掌。合掌が叩いてもらう合図であります。全員叩いてもらいたいのかなと思ったら、私が一番先であった。それから4〜5人、叩かれている音がしたが他の人は願っていない。
すごく気持ちよかった。しかし、『なんで叩いてもらわないのかな、もうちょっと後にすればよかったかな、でも、また自分の前を回って来なかったら叩いてもらえずじまいだし』とか考えてしまって、ただ坐るは到底できませんでした。
終了の合図。
「禅では「ありのままに」という事を目指しますが、ありのままの自分ってなんだろう。自分を主張するということではない。全て流し去ったまっさらな自分を指しているのだが、それをディズニーから坐禅の本質を知った。LET IT GO。ありのままに、と訳されているが本来の意味は行く事を許す、ということだ。まさに、禅は寄せて来た事柄を心で受け止め、それをどうぞ行きなさいと解き放つ。アナと雪の女王から私は神髄を知りました。本当はビートルズが好きなのでLET IT BEで話したかったんだけど、こちらの方がより近いのでこれからはこれで行きます」と冗談を交えて説明してくれた。「全てにおいてこれは言える。例えば会社で衝突したりすると、なぜそんなことを言うんだとか自分の方が正しいのに等と、ぐるぐる同じ事を繰り返し考えてしまうが、一度それを心で受け止め相手の言っている事と自分の主張を一回なじませてみる。すると相手の言っている事もどういう意味で言ったのかを少しわかるようになる。それを解き放つ。さっき言った寄せては返す波のごとくです。これを癖にするといつでも幸せな気持ちでいられる。我々は寺でいつも幸せな気分で過ごせるからありがたい」と。たしか、こんな話であったと思う.なかなかできることではないけどね。宗教って本来こんなものかもね。人間の心のありかたかな。
画像

禅寺の庭は、自由に大自然を想像するようにできているそうだ。そう見ると違うなあ。
画像

たまに見かける結界石(でいいのかな)が好きだ。
建仁寺をゆっくり見て、四条へ。旦那と待ち合わせ。旦那は鳥井金網店へ行きたかったので、ガイドブックとipadで場所を調べてレッツラゴー。
なかなかたどりつけない。交番で聞いてもわからない。わからないはず。移転していた。やっとたどりついたときは、汗だくでふらふら。よかった〜〜〜!気持ちのよいお母さんが対応してくれた。渋いお店はマンションが建つので取り壊されたらしい。
お昼を小さな喫茶店で。甘めの鯖煮定食を頼む。地元の人で混んでました。
画像

この日は禅寺をふたつ回る。次は相国寺。若仲の絵がある。鶏の絵がたくさんあっておもしろい。
やはりこの人も在家信者なのね。ふすま絵も空間の取り方がすごいな。全て意味があるんだな。
金閣寺と銀閣寺の収蔵品が沢山あるのだが、なぜ相国寺にきてるのかと思えば、金閣銀閣の総本山が相国寺だそうだ。
画像

すんごく広いです。私はここの住職の有馬頼底さんの本を二冊読んで、軽く浅く禅をかすりました。東京新聞に僧侶なのに反原発を訴えている、という記事を読んでアマゾンでお取り寄せ〜〜。会えるかな〜と思ったけど会えず。
画像

ベンチも禅寺っぽくないですか?
たまたま昨夜見たテレビの「美の壺」で京都は洋館が沢山あるので散策するのもよい、と。相国寺の裏も紹介されていた。同志社の建物って素敵だな。
画像

バスに乗りたい。500円の一日フリー切符買っちゃったのだ。バスがない!
京都御所の回りを通って、さまよい歩く。平安時代にタイムスリップしたみたいだ。
砂利道で陶器のかけらを拾った。
画像

確かに洋館が多い。これは教会。
画像

菅原道真だ〜〜!
画像

洋館。
画像

へとへとです。急に空がかき曇り雨が降って来た!雷!
やっとバス停あり。京都の案内したいおじさんが四条へのバスを教えてくれた。ありがとう!三条のたわしやさんへ寄ると「暑おすなあ。39度あったらしいどすえ〜〜」(京都弁てきとう)ですって!
この後、三条の美味しい居酒屋へ行きました。春に行った居酒屋です。
名物おばさんはどうやらこれからどこかへ行くらしく、おめかしして出て行くとこでした。満席の上、5人くらい待ち人が店の中で待っている。野菜天、うまいは安いは!鯛のお刺身。昆布締めになっている。万願寺唐辛子。うまい!
画像

画像

おばさんいないと押しの弱い若い店員さんが一生懸命営業するも、まだまだだな。ははは。
そして、鴨川の河原を歩いて四条へ向う。
画像

鴨川、増水中!今七夕祭らしいです。
画像

四条の居酒屋へ。ここは前回友人が食べログで見つけてくれたうちの一軒。場所だけはチェックしていたのでバッチシ!そして、おまけに先輩が京都へ行ったら絶対行くというので今回は自慢する意味で行こう!
画像

完璧なオヤジ系。
画像

京都の味まんさい!もちろん万願寺唐辛子。「いもぼう」って何だろう。いもぼうって店があるけど、サツマイモ料理かと思ったが聞いてみた。
棒ダラと里芋の煮物だそうです。
画像

「にぬき」はゆで卵。旦那は知ってた。なんでだ?調べたら、「しっかりと煮抜いた卵。かたゆで卵のこと」だそうです。それは頼みませんでした。
画像

旦那はセンパイに自慢メール攻撃してた。「ばかやろー!」って言われてた。
いい気分でバスに乗って帰りました。ふ〜〜。楽しい。
8月4日 10時、ホテルを出る。東福寺へ行く事にする。やはり禅寺です。バスの案内をしているおじさんに聞いたら東福寺へは電車が安くて早い、「東司、とうすと呼ばれてる一番古いトイレを絶対見て来てや」と力説される。
東福寺の前に藤森三玲の庭を見る。
画像

この前テレビで見たが、配置は全て石に聞くそうだ。石がここに置いてくれというまで待つのだそうだ。最初に、禅寺のイメージしている、しんとした感じと違い、ものすごい主張を感じる。しかし、次にしんと静まる。不思議な感じ。デザイン的でもあるし。色んな要素を含んだ庭に思える。
画像

東福寺へ。やはり三玲の庭がある。やはり独特だけど、禅の本質から絶対離れないんだろうな。と、まだ全然知らないくせにこんな事を言っては恥ずかしいね。以下、東福寺ホームページより。「広大な方丈には東西南北に四庭が配され、「八相成道」に因んで「八相の庭」と称しておりました。禅宗の方丈には、古くから多くの名園が残されてきましたが、方丈の四周に庭園を巡らせたものは、東福寺本坊庭園のみです。作庭家・重森三玲(1896-1975)によって昭和十四年(1939年)に完成されたもので、当時の創建年代にふさわしい鎌倉時代庭園の質実剛健な風格を基調に、現代芸術の抽象的構成を取り入れた近代禅宗庭園の白眉として、広く世界各国に紹介されています。」
画像

画像

龍安寺の庭もぼんやり見てたけど、禅という方向から見たら見方が違うんだろうな。心を自由にすれば石と砂の庭に広大な自然が広がって見えるってことなんだな。今度また行ってみたいです。
おじさんの言っていた東司を見に行く。すごい!でかい!
排泄にも細かいしきたりがあって、禅では全ての日常の生活ひとつひとつが修行という大事な便所だ。日本で一番古い厠なんだって。
画像

便所を覗く男ひとり。
東福寺はでかい!回廊で開山堂へ繋がっている。それがとても美しい。テレビの撮影があってちょっと俗っぽかったけど、俗っぽい私は誰が出るのかなときょろきょろ見てみたが、知ってる人はだれもいなかった。一人奇麗な女優が出待ちしてたけど、知らなかった。暑くて大変だな、撮影。
黄色いトンボ、初めて見た。キイトトンボっていうそうです。
画像

でかい境内を全て回り、次は歩いて伏見稲荷へ。暑い!しかしいい道だ!暑い!日陰無し!
画像

最近子どもを産んだ従姉妹の娘が「伏見稲荷のキツネのお面がほしい」ってfacebookでつぶやいてたので、買って行ってあげよう!と行ってみました。八割外国人です。人気ナンバーワンなんだそうだ。
その前に駅そばの食堂で昼食。ここも我々以外外国人のようだ。すごいね!
画像

確かに朱の鳥居がたくさん立ち並ぶのはちょっと見応えある。
画像

それもこれほど多くの鳥居だとはしらなかった。稲荷山の中腹まで鳥居をくぐって歩いてみた。あせだくだ。
う==ん、しんどいぞ〜〜。途中、おばあさんのお店で冷やし飴を飲みました。
画像

ジンジャーエールのタンサン無しみたいな飲み物で疲れた身体に染みます。うまい!
画像

ハトがごくごく水たまりの水を飲んでいた。飲みたい。
本当はこの次、三十三間堂に行って国立博物館へ行く予定だったけど、もう博物館終了まで二時間しかないので、博物館で涼もうとなりました。
画像

京都の博物館って国宝ばんばんあるのかと思ったら、国宝は寺にあるからなのかほとんどないんですね。
法然と親鸞、空海の直筆のがあった。特に親鸞の信心の心得を書いた直筆の書物がすごい迫力でした。
仏像も写真でしか見た事がなかった、坊さんの顔が半分に割れて、中から観音さんが出て来る仏像が面白かった。千手観音もユニークな顔と手の仕草がカキカキしてて(ボキャブラリーないなあ)おもしろい。
あっという間に5時閉館。また汗だくになって飲み屋に急ぐ我々だった。
また同じお店に行きました。
今日は落としハモってのを食べてみました。
画像

野菜の天ぷらを頼んでみたら、これは昨日の一軒目の方が勝ちました。
飲み屋のお兄ちゃんと昨日に引き続きなんだかんだと喋ってまた来る約束をして京都駅へ行ったらもう八時近い。ああ、旅も終わり。
画像

新幹線では定番となった551の肉まんを食べて、お疲れさん!
東京に着いたら電車が遅れていて、終電が終わってるはずの我が家への電車が待っていて何故か乗れてラッキーな家路でありました。
旦那はタクシーで帰りたかったのでアンラッキーだったようだ。ははは。
さて、明後日は東北へ向います。ゴールデンウィークと同じ動きだなあ。
ここまで読んでくれた方、ありがとうございました。次は東北で会おう!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
暑い中、京都を堪能された様子、一緒に旅しているように読ませていただきました。岩手編もとっても楽しみです。
逗子静
2015/08/16 12:37
ずっしー、ありがとう!だよね?
なんかいつもよりコメントがきちんと礼儀正しいんですけど。だから静なのか?
wakabon
2015/08/17 09:31
いろいろ感想書きたかったけど、メールにしようと思って短く終えてしまいました。で、メールは出さずじまいっと…(ーー;)
20日は久しぶりに東京行きますぜ!息子の大学の見学に…(^^)
気分は大学生。でも周りから見るとかなり浮いております(≧∇≦)
岩手、もう35年くらい行ってません。さすがに変わったよね?
ズッシーっす!
2015/08/18 06:58
久しぶりの読み応えある和佳ブログ、ゆっくり読ませてもらいました!猛暑最中炎天下の京都の気配と二人の歩きが伝わりました。いいな、いいなぁ〜!読んでて思い出した。東福寺へはわしも電車で行ったなとか山門に上がったなとか。わしも京都へ行きたくなったぞ。
アホの先杯
2015/08/18 08:53
ずっし〜。そうか、息子は大学生になったんだよねえ。すげ〜〜!岩手、どうだろう。そんなに変わってないような?駅前は変わったかもね。そういえばまだ新幹線ないか!
wakabon
2015/08/18 10:08
センパイ〜〜!
読んでくれてあんがと!読んでほしかったよ。
ははは、いいでしょう!俺もまた行きたくなった。
でも夏はパスだなあ。やはり京都は寺と飲み!
昨日は神保町で飲んだけど、なかなかいい店みつけたよ〜〜。(京都に関係ないけど)
wakabon
2015/08/18 10:12
なぬ、神保町で、いい店!うまやらしぃ〜!こんど、教えてよワカ女将。わしはこの21日に武蔵小杉駅近辺へ立ち呑み研究に行くのだ。何事も勉強勉強だ。
アホの先杯
2015/08/18 16:48
お!センパイ!教えてあげるね!
小杉も教えてね!
この前、仕事の飲み会で記者の好青年が溝ノ口のガード下の飲み屋も渋くていいんでどっちにしようか考えたんですけど、吉祥寺のイタ飯にしましたってことで、すげくうまいイタ飯ゴチになったのだけど、溝ノ口、勉強しに行ってみたいって頭で20パーセント思ってた。溝ノ口もいいらしいですねえ、センパイ!
wakabon
2015/08/19 11:22
ズッシー、素直に言おう、「生きてたんだね……。」元気なのかい?息子Hはもう大学生?下見でなく?
ワカ、京都はホント暑そうだね………。素敵な所いっぱい見てるのは解るけど、8月に行かんでも……と思ってしまった私。渉成園の石の写真が美しい!!
イケだ〜〜〜!
2015/08/23 22:57
いけ〜〜。そうなんだよ。
8月にわざわざ・・・。兄家族とここしか時間が合わなくて行ってしまおう!ってことで。
毎年の墓参り、無理矢理達成。
頭溶けるかと思った。
wakabon
2015/08/24 09:25
いけ!ごめん。今「コメントが10もある〜?」と思ってずーっと下までスクロールして見つけた〜。そう、生きてます^^; 大学生だよ〜、お金かかるね… 仕事も忙しく、土日は家事だし、たまに朝寄るマックのコーヒータイムが貴重な時間です。わかのブログはいつも楽しみ。だけど忘れてるときもあるので、たまにチェックしないとね(≧∇≦)
ずっしぃ
2015/09/30 08:20
時の経つのははえ〜〜!ブログ、たまにしか更新しないからチェックはそんなにしなくても大丈夫だヨン。また岩手に帰るので、10月末にはアップ〜〜の予定だよ。乞うご期待!なんつって〜〜;
wakabon
2015/09/30 08:52
わかのお家に行く途中、小川の飛び越えに失敗して靴ビショビショにした息子もはや19歳でございます。その節は陶芸をさせていただきありがとうございました。子供ってコネコネ大好きだよね!妹もわかのブログ時々見てまっせ。

岩手の話は特に楽しみだわ。
ズッスイ〜〜
2015/09/30 18:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
そうだ、京都行った 2015 ,8  si-tazu project/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる