si-tazu project

アクセスカウンタ

zoom RSS そうだ、京都行った 2018,前編

<<   作成日時 : 2018/03/16 15:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ずっとお休みしていたのですが、やっと書く気になりました〜〜。
気が向いたら読んでくださいまし〜〜。

毎年恒例の京都墓参りの小旅行の季節です。
去年から夜行バスに変えました!自由に行き先を決められるし、何よりやすい!
二年前から岩手に一ヶ月に一度帰るようになったので、夜行バスにすっかり慣れた。時間が有効に使えてよい!
バスでは寝れませんけど、次の日目一杯動くとダラダラ疲れが長引かない事に気づいた。
さて!行きは秋葉原から11時出発です。出発当日、はたと「仁和寺と御室派のみほとけ」展を今日見ないと見れない事に気づく。更にかねて見たかった葛井寺の千手観音さんがいらしておるのです!開帳される時期になかなか合いそうもないので絶対行かねばならぬ!と早めに出かけました。
画像

ものすごい人!仁和寺にはまだ行った事ない、と思う。仏像は写真集で見てるんだけどふくよかな独特な優しさ。でも実物を見たい!とまで思わず。実際は写真よりピカピカしてなくて、表情も静かでおだやか。やはり本物見なきゃなあ。
千手観音さんは圧倒的な無数の手が出ている。すべて目が付いてる。千の手と千の目で人々を救済してくれる。いいお顔です!本当に千本以上の手が出てるそうだ。唐招提寺の千手観音さんも千に近い手を持っているんだったなあ。
さて!中野に戻り「ケサル大王ー最後の語り部たち」という映画を見に行く。早めに旦那と待ち合わせして立ち飲みやへ。なかなかいい店だ!
画像

ケサル大王はチベットの口伝えで伝わっている壮大な物語。アイヌのユーカラみたい。萱野茂さんのユーカラを聞いたときにアイヌ語の心地よさに感動したけど、その時を思い出した。こういう記録は貴重なんだな。
さて、秋葉原へ!まだ時間あったのでまた居酒屋を捜す。「南部屋」という岩手の飲み屋にいく。サラリーマンでごった返していた。人気の居酒屋。また来たいな。
画像

バスはいつも乗るバスに比べてゆったりしてる。トイレも付いていて少し豪華ね!もちろん!寝れません!
朝、6時頃京都に着く。薄暗いし寒い!
京都タワーの地下にスパがあることを知ったので、開店の7時までコンビニで過ごす。
スパはバス利用者で大人気でした。
画像

今日は2時に西本願寺大谷本廟で義理の兄家族と待ち合わせ。それまでたっぷり時間があります。
どこに行こうかなあ〜〜、三十三間堂にしようと決めたものの、やはりもう一度見たいなと思っていた即成院の阿弥陀如来と二十五菩薩に会いに行きたい!
画像

定朝作とほぼ確定されている通り、平等院の雲中供養菩薩を彷彿とさせます。みなさん、楽器を演奏しているのだ。この時期、近くまで行けます。贅沢だ。ふたりじめ!犬の狛犬をなでて、泉涌寺へ。この道もいい。
画像

珍しい楊貴妃像も美しいです。12年に一度公開される舎利殿が特別公開中。
画像

おじさんガイドが丁寧に説明してくれる。ここで手を叩くと頭の真ん中に響くという。もちろんやってみましたがな!
バスで京都駅まで戻る。前に並んでいた若者が「kitakami」とプリントされてるトートバッグを持っていた。まさか岩手の北上?聞く勇気がなかった。道は平気で聞けるのになあ。
ホテルに荷物を置きに三条烏丸へ。五条方面へ歩いて昼食を取れる店を物色。しか〜〜し!なかなかピンと来るところが見つけられず、チェーン店へ。これが一番悔やまれるわ〜〜〜。
画像

鴨川を渡る。
画像

結局大谷本廟まで歩いてしまいしましたわ。
兄家族と合流してお経をあげてもらう。
やはりいいなあ。古いお堂が京都にいるんだなあ、と実感させる。お経のあと、在家信者さんの説法。今回は「お浄土とはどういうところなのか」。
お浄土は誰も行った事がないので、どういうところかわからない。
しかし、阿弥陀様が連れて行ってくれるお浄土は知らないけれども不安な気持ちは抱かない。それはなぜかずっと考えていた。
かつて、妻が産院で産まれたばかりの我が子に「早くおうちに帰ろうね」と話しかけていた。はたと、この子はおうちは初めて行くところである。
しかし、おうちというのはとても安らげる温かい場所だと子どもは確信していたはず。たぶん、お浄土もそういう場所なのだろう。というお話でした。なむ〜〜〜。
さて、このあとどこへ行こう。
夕食は上七軒の中華屋さんにしようと電話したら、予約取れず。
だとしたら〜〜、南禅寺方面へ行ってみよう。
水路閣が見てみたかったし。結構ぎりぎりの時間です。
画像

永観堂を拝観。ものすごく大きなお堂です。
「みかえり阿弥陀さま」がある。振り向いているのだ。
開山した永観(ようかん)がこの阿弥陀様のまわりを念仏して行道していたら安置されていた阿弥陀様が先導して行道し始めた。びっくりした永観が立ちすくんでいると、阿弥陀様が振り向いて「永観、おそし」と言われたんですって。
珍しいお姿です。
画像


もう南禅寺は閉まっている時間ですが、境内は歩けるので水路閣も見る事ができます。
画像

画像

おお〜〜、サスペンス!よくロケに使われてますよね。今も水が流れてます。
上に行って水路の流れを見たら、「ここで魚釣りをしないで」の看板が。いるのか!そもそも魚がいるのか?
画像

バスで四条まで。とにかく夕食のお店を歩いて探す。路地だ!路地を探そう!ここにしてみようか、と入ったのはスペインのお店。料理はイタリアチックだったけど、美味しかったです。
画像

あっという間に満席となっておりました。いろんな話をして美味しく食べて満喫。甥っ子よ、彼女ができるといいな!
兄家族とここで別れ、我々は二軒目に向う。以前行った「百練」さんへ。9時半までだがいいか、もちろん!ってことでしばしまったり。ここも地元客が多いです。そういうところがいいんだよなあ。オジカソースをかけたポテトサラダがおいしかったなあ。絶対ソースさがそう!と心に決めました。最後は京のお漬物で。
画像

だらだらホテルまで歩いて、コンビニでお水を買っておやすみなさ〜〜い。1日目終了〜〜。
ホテルでの朝食。食べ過ぎないようにしなきゃ!
画像

歩いて駅まで向う。途中、東本願寺に寄る。京都だなあ。
画像

兄家族と待ち合わせて高槻のお墓参り。
お墓は山の頂上にあるので、眺めがすごくいいです。
高速道路ができて、風景は一変!みんなで掃除して拝んで、記念撮影してお昼ご飯を食べに下界に。
京都のベジラーメンってやつを食した。ポタージュスープみたいだ。
画像


京都に戻って東寺へ。
がらくた市があるというのでみんなで見物。そば猪口は高いのであきらめ、小さい灰匙のようなものとおちょこを安くしてもらい購入。塗り物のお弁当箱に心引かれたけどあきらめた。旦那はトンカチ買ってた!
画像

兄家族は東京へ。我々はしばらく物色して、東寺へ。この時期は五重塔が公開されている。毎年この時期なんで何度か見たが、今年は中に入れず!去年から中にいれなくなったらしい。そのかわりライティングされてよく見えるようになっていたけど、うん、中に入っておいてよかったわ。縁台に座って抹茶ソフトをいただきました。京都だな〜〜〜。
画像

日曜日は行きたい店が閉まってるので、ちょっと気に入って数回通った居酒屋に行きました。出し巻きたまごを食べると、京都だなあって思う。このようなリーズナブルな立ち飲みや(座れますが)にも美味しい出汁巻きがあるのね〜〜。
画像

画像

二軒目行ったけど、休みだった。おとなしく帰りました。後編につづく〜〜。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
そうだ、京都行った 2018,前編 si-tazu project/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる