si-tazu project

アクセスカウンタ

zoom RSS んだった、いわてさ行ったった 2014年8月 part1

<<   作成日時 : 2014/08/10 18:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

青柳村の盆踊りが初めて中止となり、がつくし!の悪天候の本日ですが、みなさま、いかがお過ごしですか?
今年も東北ツアー行きました。
なんと、今年は宮城の部長(宮城県f高校美術部部長だったために部長と今も呼ばれている)が宮城県仙台市中本誠司現代美術館で初個展だったので、初日は個展会場へ直行です!
家から車で友人mの家へ行って、mの車に乗り換えるのだがmの家まで渋滞でびっしり2時間かかっちゃいました。
すいてると1時間かからないんだけどなあ。おまたせ!
2時半くらいに仙台到着!
高速降りてなぜか、ケーズデンキへ。
mがカメラが欲しい!と言うので、だったら買っちゃえ!そして今回のカメラ部長になれ!ってんで、みんなであ〜〜だこ〜〜だと物色。
店員さん、きまぐれ買い物集団に翻弄。
やっと決めたf1.8のレンズが明るいというやつ。
よくわからないけど、確かにものすごくよく撮れる。欲しい!
画像

さて、ようやく着きました!
ガウディ風の建物がこつ然と住宅街に!
あ!sくんがすでに着いてる!(日帰りで部長の個展に訪れた)
部長の絵は愛がある!花を大切に育てて、丁寧にみているのがわかります。
やはり人柄が表れるよね。
画像

(なぜか、撮ったはずのいろんな画像がない!mのカメラで撮ってたのかな〜。部長、お写真お借りしました。あ、返せないけど)しばし、ハガキで思い出そう。
この美術館は中本誠司さんのアトリエだったところだそうです。
二階の部屋にはびっしり作品が置いてあります。
放浪した後に、パートナーのふるさとの仙台に移り住んだとか?だったかな。
ひとしきり喋ってまた部長の絵でいやされて、温泉に行き、部長の家で宴会!
部長がたくさん作ってくれていた!茄子の煮浸し、手羽焼き等(部長作)、マグロのトマト漬け(コモリン作)、キュウリの煮物(aさん作)、キュウリの浅漬け(しょんつあん作)、牛タン溶岩焼き(大場さんが持って来てくれたのだけど、当の本人は風邪引いて欠席。岩手山溶岩は我が家から)ありがとう!大場さん!お会いしたかったです!
画像

部長の還暦祝いも盛り上がり!旦那と一緒の誕生日なのでコモリンもお祝い!
そして明日に誕生日を控えたnさんもお祝い!
泣いてた。(心で)
カラオケ大会になったりして近所迷惑な部長ハウスの夜でした。
(画像は最新カメラのmより頂きました)
部長作の豪華な朝食を食べて涙でさようなら。総勢12名の大宴会!でした。
我々は5人になり、かねてから行ってみたかった岩手一関の先にある陸中松川にある旧東北採石場へ!(陸中松川駅の踏切)
画像

ここで宮澤賢治が働いていたのです。
http://www.gijyutu.com/ooki/tanken/tanken2005/saiseki/saiseki.htm
「石と賢治のミュージアム」を係の地元のおばさんが案内してくれる。
これがまたいい!この地域は太古の大陸移動でくっついた特殊な場所らしい。
だから石も回りとは違う種類が採れる。
岩手の農地土地改良を模索していた宮澤賢治がこの会社から依頼され、この採石場でとれる炭酸石灰を酸性土壌の中和剤として使うことになった。
技師として、また炭酸石灰を広めるために各地を回り歩くことになり、東京で病に倒れそれ以後、採石場に戻る事はなかったらしいです。岩手の農業をどうにかしたいと必死に動いていた石っこ賢さんらしい最後ですね。
その病の床で書いたのが「雨にも負けず」だったらしいです。
小林健二さんという作家のデザインした標本箱に小林さんがセレクトした石が並べられているコーナーがあり、おばさんとrちゃんとコモリンがえらく盛り上がってました。
画像

(岩手産の???石をゲット。研ぐと美しいらしい)
旧東北採石場工場へ見物へ。
画像

にわかにかき曇り、いっぺんに土砂降りとなる。
ようやく工場内に入ると・・・砕石のトンネルがすごい。
途中まで入る事ができるんだけど、ひんやりして奥が深くて、何本にも別れててちょっと怖いです。
コウモリが飛び回ってる。
rちゃんが電車で一関へ行って栗駒山に登るので、駅へどしゃぶりの中を走る!
実は、けっこう好きなんです、どしゃぶり。
駅で別れて4人になった我々はものすごい雨の中を進む。
画像

ひとつ、正法寺という曹洞宗の永平寺の支社?の修行する寺があるので寄りたかったのだけど、雨で断念して一関インターへ。
rちゃんの電車も雨で止まってしまい、振替タクシーで一関へ。ぎりぎりバスに間に合ったらしい。
お昼しました。冷麺一杯目。(山中家。これも北上の店がチェーン店化した)
画像

さて、花巻に向います。
「だあすこ」という産直の店でキミ(とうもろこし)や野菜や調味料を買って大沢温泉へ。く〜〜!トマトなんて4つで130円とかで売ってますウ!
なんと、大沢温泉の自炊部が奇跡的にとれたので、みなさんの疲れた身体を休めに一泊してきます。
画像

お風呂に入って〜〜、「やはぎ」という食堂で一杯引っ掛ける。
画像

お風呂のあとの生ビールうまい!
部屋に戻ってまったりと宴会。自炊部ならではですよね〜〜。
画像

食材がおいしいと茹でただけでうまし!
nさん特製のやさしい野菜スープも頂きました。
9時からは混浴露天風呂が女性専用になるので、これもしっかり入りました。
カジカガエルの鳴き声がしないけど、夏はしないのか?それとも大水でながされちゃった???
次の日は朝風呂、朝食と正しい温泉宿のひととき。
画像

それでは、大沢温泉の朝の風景をどうぞ〜〜!!
画像

画像

画像

こんなゆったり書いてたら、またものすごい量になるなと思ってしまうな・・・。すかたね。
さて、大沢温泉に別れを告げて、高村山荘へ向います。
高村光太郎が戦争中、宮澤賢治を頼って岩手に疎開。戦後、小さな小屋に住み自給自足みたいな生活をしていた場所が残っているのです。
画像

途中、めんこいアマガエルが道に・・・(手、手がなかった。mの高性能のカメラで判明)
高村山荘の厠の明かり取りは光という文字。硝子越しに撮ったら不思議に写った。
画像

散策して(なぜかラジオ放送の小さんの落語と小円歌さんの漫談をスピーカーのばか高い音量で敷地中に鳴り響かせ、静かであるはずの山林の中をかき混ぜておりました。なんでだ・・・)記念館見て、清水寺(日本三大清水寺って?いうそうです)へ行っておまいり。
画像

画像

隣の水神社というところで湧き水と涼みに来てたおやじと談笑し、二杯目の冷麺でお昼ご飯。
画像

さて、北上へ!祭だ!
と、いうところで文字数一杯(全部書いて保存しようというところで20000字以内にしてくれ、と警告された)で書けなくなっちゃったので、つづく!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
ばか高い音量のラジオ放送は、熊が近づいてこないようにするためです。静かな雰囲気を乱していますが、人命には替えられませんので……。
通りすがりの者ですが……
2014/08/11 08:57
お〜〜!
そうなんですか!ありがとうございます!
まちがってラジオをスピーカーで流してしまっているのかな?それともサービス?いや、と思ってました。熊よけだったんだ!納得。
あそこにも出るんですね。うひゃ〜〜!
wakabon
2014/08/11 10:03
我が家の裏のアパート2階の住人も、朝5時前から大音量でラジオ鳴らしてる〜。庭を隔ててる我が家でさえ丸聞こえなので同じアパートの人は辟易してると思うんだけど、この辺りも熊出るって事かな……?

牛タン立派だね〜!!
マグロのトマト漬けって、カルパッチョみたいな味?
冷麺旨そう!!
石が綺麗な色だね。
イケだ!
2014/08/22 02:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
んだった、いわてさ行ったった 2014年8月 part1 si-tazu project/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる